重いボトルにうんざりしている方へ|coolqooクールクーウォーターサーバー

coolqooクールクーウォーターサーバーのろ過技術

クールクーウォーターサーバー|ROろ過技術とは?

クールクーウォーターサーバーでも使用されているROろ過、その技術ついて記述します。
クールクーウォーターサーバーについて詳しくはこちら↓(内部ページに飛びます)
クールクーウォーターサーバーについて

 

ROろ過技術とは?

クールクーウォーターサーバーでも使用されているROろ過技術とはRO膜(逆浸透膜)を使用し、ろ過する技術のことです。
RO膜は非常に孔の小さい膜であるため、イオンや塩類などの不純物を通さず、水のみを通すことができるほどろ過能力に長けています。その能力の高さから世界中で海水の淡水化にも使用されているほどです。

 

クールクーウォーターサーバーではこの技術を使用し、水道水から不純物を取り除き純水に限りなく近い水(RO水)を精製することができます。

 

RO水による特徴・メリット

上記した通り、RO水には不純物が限りなくゼロに近い状態です。
そのろ過能力の高さ故に水に本来含まれているミネラル成分すら除去されてしまいます。
しかし元々水に含まれるミネラル成分の量はたいした物ではありません。デメリットと呼ぶにはあまりに微々たるものです。

 

料理がおいしくなる理由

ミネラル成分すら除去されるということはそれほどろ過能力が高く、余分なものが含まれないということです。
余分なものが含まれていないということはつまり溶かしこむ能力に優れている、ということでもあります。
そのため、料理でダシをとるときに使用したりお茶に使用すると、よりおいしく作ることができます。

 

掃除にも

不純物の含まれないRO水では窓掃除等に使用すると汚れが残りにくくなります。

魚を飼った経験のある方なら覚えがあるかもしれませんが、水槽に入れた水が蒸発して減った時に、ガラス面が白くなるのは、水の中に含まれているカルシウムが固まったものです。透明に見える水でも、汚れの原因になるんですね。窓など拭き掃除をする場合は、RO水を使うことで汚れが残りにくくなるでしょう。

通常のボトルタイプのウォーターサーバーでは掃除に使用するといった贅沢な使い方はできませんが、クールクーウォーターサーバーではRO水が使い放題なため
掃除で大量に使用することも可能です。

ホーム RSS購読 サイトマップ